スポンサーリンク

「母」だけど母の日なんていらない!

子育てをしていると、
「日本はイベントが多すぎる」と感じます。

1月 正月
2月 節分 バレンタインデー
3月 ひな祭り ホワイトデー
4月 イースター GW 花見5月 こどもの日 母の日 GW
6月 父の日
7月 七夕
8月 盆 帰省
9月 敬老の日
10月 孫の日 ハロウィン
11月
12月 クリスマス 大晦日

これに家族分の誕生日が加わるので、
なんか、毎月のように、
プレゼントやらケーキやら買わされて、
散財・・・。

とってつけたように「孫の日」なんてフザケタものまで作っちゃって・・・。

日本でイースターとかハロウィンなんて、
アホじゃないか・・と。
しかもいい大人が率先して・・・(;一_一)

日本の伝統的な行事もありますが、
結局、ほとんどが我々消費者から
毎月お金を使わせようという策略なんですよね~(-_-メ)

だいたい「母の日」に花なんて贈らなくていいじゃない。
物じゃないんだよ、気持ちなんだよ!!

豊富な物に囲まれた日本にいると感覚がどんどん麻痺していきます。

しかし、そんなこと言ってる私ですが、
実母と義理母に毎年花を贈っています。
二人分で6000円・・・。

そして、次は「父の日」が待っている・・・。

一度はじめてしまったら、
やめられない毎年の習慣・・・・

花なんてどうせ枯れちゃうのに・・・。

花をお金を出してまで買う感覚・・・。
私にはわかりません。
道端に咲く花で十分よ。

思うのですが、
「●●の日」なんてあえてつくる必要ないんじゃないかな?
行事の押し付け・感謝の押し付けとしか思えないです。

日々の感謝で十分です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




おすすめの記事