スポンサーリンク

値下げ交渉で必要になった書類が(住宅ローン 金利引き下げ交渉パート6)

 

夫に内緒の借金をごまかすことに
精一杯で、

まだ書いてなかったです。

 

住宅ローンの
金利引き下げ交渉の
具体的な内容について。

 

 

夫が電話した時には、

 

受付の人に
「数万円の手続き費用を負担すれば、
金利交渉が可能」

 

ということだけをきかされていて

 

詳しい話は
折り返しに。

そして、その日のうちに
別担当者から
夫に電話がきたのです。

 

その方の話だと、

具体的な金利は
「審査」を通過しなければ教えられない。

 

とのこと。
(´Д`;)

 

まずは、審査するので
夫の「源泉徴収票」と
「健康保険証のコピー」を送るよう指示があったのです。

 

実は夫、
ここのところは落ち着いていますが、

転職回数は
片手に余るほどで。

最初の住宅ローンの契約時と
もちろん勤務先が違うんです。

 

だから源泉と健康保険証のコピーを
求められたのかな?

 

そして、私は
「審査」という言葉を聞いて、
心臓がバクバクでしたが、

 

必要書類に
私関連のものはなかったので、

ちょっとホッとしたのです。

 

つづく・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク