スポンサーリンク

亜急性甲状腺炎と生理。

今朝、下腹部の痛みで目がさめて
トイレに。

排便痛がすごくて、
トイレで悶絶。
子宮脱になるんじゃないかと
恐ろしく思ったほどです。

 

トイレからでても、
下腹部がキリキリ痛み、

立っていられない。
座ってもいられない。

 

寝るとなんとか
痛みが和らぐような状態で、

 

これは、
亜急性甲状腺炎で
ホルモンバランスが崩れているところに、
生理がきたので、

 

いまだかつてない生理痛を
味わっていると判断しました。

 

昼頃まで
お腹をさすりつつ
痛みと戦い、

 

午後になってやっと
立てるようになりました。
(´Д`;)

 

 

なんだったんだあの痛み。

ネットで調べたけれど、
亜急性甲状腺炎と生理のことを
詳しくかいている記事がみあたりませんでした。

 

腹痛で何も口にしたくなくて、

おかげで、
今日は痛み止めのロキソニンを
2錠ですませることができ、

 

結局、ステロイドの「プレドニゾロン」も
飲まなくてすみました。

 

この病気にかかって
1ヵ月以上たつのに、
治る気配がありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク