恥ずかしながら旅館のトイレで「摘便」を・・・。

ばあばとカチ子との夏の旅行中に
亜急性甲状腺炎が
ほぼ治ってしまった私。

 

それはとても
よかったのですが、

 

旅行中に
私の体に大変なことが
起こったのです。

 

旅行前、
亜急性甲状腺炎で

 

食欲があまりなかった私、
ほとんど固形物を食べてなかったのです。

 

アイスやプリンといったものを
主に食べていました。

 

おかげで、体重も5kg以上痩せて、
ちょっと嬉しかったり。
(w´Д`w)

そんな体の私が

 

旅行先の旅館で突然、
毎日固形物を食べまくったら
どうなるでしょうか?

 

そう。
ひどい便秘になってしまったのです。

 

便意をもよおすたびに
トイレに何度も何度もいくのに
何もでない。

 

出口を固い便にふさがれて、

苦しくて苦しくて。

 

でも、旅館のご飯をしっかり食べないと
ばあばに心配をかけてしまうからと、

 

それでも毎食、しっかりと食べていた私。

 

しかし旅行3日目の夜、

 

猛烈な腹痛におそわれて

 

夕食中に旅館のトイレに
かけもどった私は、

 

ついに・・・ついに・・・
やってしまったのです。

 

摘便を!!

 

しかも素手で!!
( ゜Д゜;)

 

 

右手の中指を恐る恐る
さし入れて、

手前の固くなっている便を
少しずつ、

 

こそげ取るように出して
トイレットペーパーでふきとること数回。

 

 

そして、突然きた便意で力むと、
ふさいでいたものがスポンととれたのです。

 

 

その瞬間、涙がでました~。

 

 

素手で摘便したので、
次の日まで
ずっと右手が臭かったですが、

 

そんなこと、
あの苦しみに比べたら、
なんともありません。

 

 

そして、あとから調べて知ったのですが、
実は摘便は
ビニールの手袋などして、
ワセリンなどの潤滑油を塗り、

 

直腸を傷つけないように、

 

病院や介護施設などでやってもらうもののようで、

医療行為なんだそうです。
(っ*´Д`)っ

 

 

でもさ、便がつまって苦しいからって
旅行中に病院に行って
看護婦さんに便をかきだしてもらう勇気は
私にはないわ。

 

そして摘便から2日後に、
さらに悲しい出来事が
私の身に起こるのです・・・つづく

☆ブログ村に参加中。
応援していただけると更新のはげみになります。
明日も一日頑張ります!!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村





コメントは受け付けていません。